多汗症って?対策を考えよう

多汗症って?対策を考えよう

 

汗がよどみなく出てくる人が気になるのが自分は多汗症なんじゃないかという悩み。
悩みはするけどどういう状態をいうのかよくわからない、どこの病院で診てもらえばいいかわからない、という人って結構多いと思います。
そんな人たちのためにここて定義をしっかりしておきましょう。

 

よくわからない人は簡単な診断も。

 

まずこの多汗症の原因とされるのは心的なストレスだといわれています。
太ってるからたくさん汗が出る、ということも言われますそれが原因ということじゃないんです。

 

ストレスというのは主に不安や緊張です。
人前に出るときに緊張する、知らない人ばかりのところにいると不安、今日も仕事があるなというストレス。
こんなことが原因で神経が活発になり汗が以上に出てきてしまうんです。

 

このストレスが原因の人はまず自分の環境を変えることを努力してみましょう。
仕事を変える、ちょっと田舎に住む、人込みに行かない、などなど。
自分が生活していてストレスだな、と感じることを少しずつつぶしていくといいでしょう。

 

生活習慣を考える
食べ物で汗を抑えるでも話しましたが生活習慣というのは非常に重要。
食べ物にも関係してきますが肥満も天敵。
太らないような食事をして体重を減らしていきましょう。
夏なら特に熱く感じるので多汗症じゃなくても汗をかきます。

 

あと、タバコなども注意。
煙草に含まれるニコチンは上で話したような交感神経を刺激する成分が入っています。
つまり吸えば吸うほど汗が出やすい体になっていってしまいます。
まあタバコ自体が体に悪いものなのでこれを機に辞めてしまうのがベストでしょう。