食事療法で汗を抑える!

食事療法で汗を抑える!

 

あなたはいつも制汗剤を使ったり、冷えた部屋にいることで汗の対策をしてないでしょうか。
それもすごい大事なんですがそれで収まらない人はそこが原因ではないのかもしれません。
間違ったポイントを責めてるのかもしれません。

 

そういう人は次に食事を少し見直してみるといいでしょう。
その食事に関してまず大事なことは肉の多さ。

 

鶏肉、牛肉、豚肉、これらの肉類は実は汗をかきやすくなるような成分があるんです。
仕組みについて話すと、まずこの肉類というのはたんぱく質の非常に多い食材です。
筋トレや運動部の部員が多く食べてるのはこのせいです。

 

ただ、このたんぱく質は体のエネルギーになる際に熱を出すんです。
このエネルギーの大きさは当分の5倍。
それだけ多くの熱を発生させ体を温かくするのは汗が出やすい体になるということ。

 

お肉をバクバク食べてる人はこの点に注意して食生活を見直してみてはどうでしょうか。
またたんぱく質事態がその原因になってるので食材選びにたんぱく質の多さを機にするといいでしょう。

 

常識!からいものを控える

これは当たり前かもしれませんがからいもの。
この辛い物も汗の大きな原因になります。

 

これhたんぱく質のように体の質から、というよりは直接汗を出す発汗作用を刺激します。
こういった辛みのあるものというのは特徴として顔に多く汗をかきます。
これは辛い物の刺激を受ける機関が鼻やほほに集中してるからなんです。

 

体にかかないこともないですが、どんなにきつい運動よりも激しく汗が出るのがこの辛さの刺激。
当然、汗っかきの人や女性で化粧をしてる人は避けましょう。
あと、ここは気を付けてほしいところなんですがどうしても付き合いなどで食べないといけなくなった時に水分の制限はしないでください。

 

この辛さからの汗は特に水分を減らしたからと言ってなくなるものではありません。
この状態で水分を減らすと逆に脱水症状になりかねません。
しっかり水分を取ったうえでこのような対策をするといいでしょう。